消費税の申告において簡易課税制度は適用できますか?

基準期間(前々事業年度)の課税売上高が5,000万円以下の場合、「簡易課税選択届出書」を税務署に提出することにより、原則的な方法に代えて、簡易課税制度を選択することができます。

なお、この届出書の効力は提出した課税期間の翌課税期間からとされておりますので、選択をする場合には事前に届出書を提出する必要があります。

簡易課税制度とは、実際に生じた仕入れに係る消費税を売上に係る消費税から控除するのではなく、売上に係る消費税額に事業区分に応じた仕入れ率を乗じることにより、仕入れに係る消費税額を計算する方法です。

駐車場業のように一般的に経費があまりかからない事業を行っている場合で消費税課税事業者に該当する場合には、原則的な方法により計算した場合と比較を行いながら納税者有利に消費税の計算をすることができると考えられます。

あなたの管理組合は大丈夫?

マンション管理組合収益事業課税厳格化時代の到来!

収益事業を実施されているマンション関係者の方はお読みください

  • 駐車場(区分所有者以外が使用)
  • 基地局
  • 自動販売機
  • その他