区分所有者が賃借人に駐車場を又貸し(転貸)する場合には収益事業課税に該当しないのですか?

区分所有者が賃借人に駐車場を又貸し(転貸)する場合の手続きとしては、まず管理組合と区分所有者が駐車場使用契約を締結し、その後、区分所有者と賃借人との間で駐車場転貸契約を締結する流れとなります。この場合、駐車場の使用者は賃借人ではありますが、管理組合の立場から見ると、契約の当事者はあくまでも区分所有者であり、区分所有者に対する駐車場の貸付けは共済的事業に該当することになります。ゆえに、区分所有者が賃借人に駐車場を又貸し(転貸)する場合には管理組合の収益事業に該当しないものと想定されます。但し、この場合、駐車場収入は区分所有者の所得となります。

あなたの管理組合は大丈夫?

マンション管理組合収益事業課税厳格化時代の到来!

収益事業を実施されているマンション関係者の方はお読みください

  • 駐車場(区分所有者以外が使用)
  • 基地局
  • 自動販売機
  • その他