マンション管理組合の会計って?

分譲マンションにお住いの皆さんは同時にそのマンション管理組合の組合員でもあり、くじ引きや輪番制などによって何年かおきに組合の役員(理事または監事)を引き受けることになっている場合が多いと思います。

広報、防災、修繕、渉外など理事にもいろいろ担当がありますが、その中でもどういうことをするのかイメージしにくいものの一つが「会計」担当ではないでしょうか。

組合のお金に関係することだろうということまではわかっても、経理の経験がある方であればともかく、ない方にとっては「大変そう」とか、「自分にできるだろうか」といった印象をもたれることが多いのではと思います。

さらに「監事」となると見当もつかず、「監」という字がついていることから何かを監督する仕事を思い浮かべるくらいでしょう。どうしても「会計」というと専門用語が多く、とっつきにくい、難しいとの先入観をもたれがちな気がします。

そこで、会計担当理事や監事になられた組合員さんをはじめとして、簿記や経理の知識、経験のない一般の組合員さんを対象に、マンション管理組合の会計のポイントについて、なるべくやさしく解説してみたいと思います。

このコラムを通して組合員の皆さんが管理組合の会計について興味を持ち、また理解を深めていただければと思います。

あなたの管理組合は大丈夫?

マンション管理組合収益事業課税厳格化時代の到来!

収益事業を実施されているマンション関係者の方はお読みください

  • 駐車場(区分所有者以外が使用)
  • 基地局
  • 自動販売機
  • その他